タグ:スキルアップが付いている記事一覧


OBUコーチ カット サーブ

カットマンは守備だからという意識を持っていては、いけません。カットマンは、攻撃型という意識を持つことが大事です。その中でも、攻撃の始まりであるサービスにも意識を持っていく必要があります。

Jコーチ

卓球には、シェークハンドとペンホルダーがありますよね。シェークハンドが主流にはなってきましたが、ペンホルダーを使っている選手もいます。そして、数は減ったけどペンホルダーを選ぶ選手もいます。そんなペンホルダーですが、主に2つの種類があり、ペンホルダーを選ぶ際に覚えておきたい違いとは何なのでしょうか?

OBUコーチ

卓球を上手くなるために、練習に取り組み、卓球について勉強すると思います。しかし、卓球だけではなく、他のスポーツからでも上手くなる方法を学ぶことができるんです。

OBUコーチ カット

カットマンにも、色々なカットマンがいます。そんな中でも、勝てるカットマンと勝てないカットマンがいます。どちらからも学びがあり、自分自身に行かせることはありますが、今回は勝てないカットマンに共通するポイントについて考えていきます。

OBUコーチ スキルアップ

毎日卓球をする人もいれば、2日に1日する人もいると思います。ただ、すべての人に共通するのは、卓球をする練習の合間にするべきことはあります。

Jコーチ サーブ ラージボール

卓球には、硬式とラージボールがありますよね。ラージボールになると、なかなか思い通りにサーブを出せない選手が出てきます。それは、硬式とラージボールでは、サーブを出すときに明らかな違いがあるからです。

OBUコーチ カット 練習メニュー

卓球を上手くなるために、チーム練習外で自主練習を行いますよね?その時に、卓球選手ならしておきたい練習があります。それが、素振りになります。なぜ、素振りを行った方が良いのでしょうか?

OBUコーチ スキルアップ 練習メニュー

試合で勝つために練習をしますよね。そのため、いかに練習を充実させるかが重要です。

OBUコーチ フォア

卓球界で昔から言われ続けている『45度の法則』をご存じでしょうか?じつは、この『45度の法則』って、すごく大事なんです。

Jコーチ メンタル

現代では、小学校低学年から卓球を始める選手は多いです。しかし、卓球は基本の反復練習が多く、小学生ではモチベーションが上がりづらいです。どうすれば、選手のモチベーションを上げることができるのでしょうか?