OBUコーチ カット 初心者

今の時代、これまでの考え方・やり方では、カットマンは勝てなくなってきました。そのため、考え方を見直して新しい何かを付け加えるべきです。特に、初心者のカットマンは早いうちにこの考え方を持っておきましょう。

OBUコーチ

色々な場所で試合が再開してきましたね。試合が再開して参加することで、改めて感じることがあります。それは、「試合に出る良さ」です。

Jコーチ 道具

卓球には、ペンホルダーとシェークハンドがありますよね。今回は、その中からペンホルダーに焦点を当てますが、ペンホルダーにもラケットの種類があります。そんなペンホルダーの選手が、ラケットを選ぶときのポイントをご紹介します。

OBUコーチ カット サーブ

カットマンは守備だからという意識を持っていては、いけません。カットマンは、攻撃型という意識を持つことが大事です。その中でも、攻撃の始まりであるサービスにも意識を持っていく必要があります。

OBUコーチ カット

日本人プロ選手の中でも、トップカットマンである英田選手。そんな英田選手から、カットマンについて考えてみましょう。

Jコーチ

卓球には、シェークハンドとペンホルダーがありますよね。シェークハンドが主流にはなってきましたが、ペンホルダーを使っている選手もいます。そして、数は減ったけどペンホルダーを選ぶ選手もいます。そんなペンホルダーですが、主に2つの種類があり、ペンホルダーを選ぶ際に覚えておきたい違いとは何なのでしょうか?

OBUコーチ

スポーツには、運動神経が必要と言われることがあります。そのため、運動神経が高い選手は上手くなりやすいとも言われています。では、卓球はどうでしょうか?

OBUコーチ

卓球を上手くなるために、練習に取り組み、卓球について勉強すると思います。しかし、卓球だけではなく、他のスポーツからでも上手くなる方法を学ぶことができるんです。

Jコーチ ラージボール

卓球には、硬式とラージボールがあります。近年では、両方とも経験がある選手が増えてきています。また、ラージボールを始めたことにより、上手くなったと感じる選手もいます。そんな硬式とラージボールで共通するポイントとは、一体何なのでしょうか?

OBUコーチ カット

カットマンにも、色々なカットマンがいます。そんな中でも、勝てるカットマンと勝てないカットマンがいます。どちらからも学びがあり、自分自身に行かせることはありますが、今回は勝てないカットマンに共通するポイントについて考えていきます。