3球目ドライブを強く打つために意識する2つのポイント

ドライブ

今回は、3球目で強いドライブを打つためのコツについてお話していきたいと思います。

  • フォアドライブの威力の出し方が分からない
  • どうすれば3球目で決められるのか

このような悩みを持っていませんか?

今回は、3球目で決められる強いドライブの打ち方についてお話していきます。

2つのポイント

強いドライブを打つために、以下の2つのポイントが大事になります。

  • 打球の感覚
  • 体の使い方

打球の感覚

そもそもボールにスピードがのらない選手は、思い通りの感覚で打てていないことが多いです。

例えば、速く打つのであれば、強く弾く感覚で打ちますよね。

しかし、これではドライブではなくただのスマッシュです。

なので、次に回転をかける必要があります。

回転をかける時は、弧線を描くような感覚で打ちます。

これは、どちらが欠けても上手くはいきません。

回転をかける感覚だけだとループっぽくなってしまいますし、強く打つだけではスマッシュになってしまいます。

そのため、回転をかけながら強く飛ばす必要があります。

ボールを擦って回転をかけながら前に飛ばして、強く弾くのと回転をかけることを両立させる必要があります。

このように打つ事で、回転をかけながらスピードを出すことができます。

この感覚を覚えることが大事です。

もし、覚えられないのであれば、最初は1人で練習しましょう。

誰かに出してもらったボールを打つのではなく、1人で打つところから始めて、感覚を覚えてきたらボールを出してもらいましょう。

体の使い方

ボールを打つ打球の感覚の部分に、足を使って体を沈めて起こす動きを加えます。

この、足を使って体を沈めて起こす動きは、しっかりと行ってください。

もちろん体の動きとして、腰の動きや体重移動などもあります。

しかし、3球目のボールを強く打ち返すには、体を起こして上げるパワーをしっかりと乗せることが大事になります。

そうすることで、回転に負けずにパワーを乗せることができます。

そして、地面を蹴る力をボールに伝えることもできるので、さらに強く打つことができます。

ここで1つだけ注意するポイントが、手だけで打たないことです。

体全体の動きをしっかりと使って打つように意識してください。

この記事を書いた人卓球上達編集部卓球上達編集部
私たち編集部は、坂本竜介選手や三田村宗明選手、松平賢二選手など元プロの選手などから、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手のノウハウや上達方法なども含めて上達につながる有益な情報を発信していきます。

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!