ドライブのスイングスピードを上げるには

練習メニュー

今回は、ドライブのスイングスピードを上げる方法についてお話していきたいと思います。

今回の内容は、以下のような方が特におススメになります。

  • 中級者以上
  • ドライブのスイングスピードを上げたい
  • パワーのあるドライブを打ちたい
  • 他人からドライブを速くor強く打てるようになろうと言われた

バックスイングを大きく取れば、その分スイングスピードを速くする事はできます。

しかし、今回お話するのは、今までと同じスイング幅でスイングスピードを上げる方法になります。

下回転をドライブする練習

ただの下回転ではなく、思いっきり切った下回転のボールをドライブする練習になります。

思いっきり切った下回転に、回転をかける力で対抗してドライブをかけます。

そうすると、スイングスピードを上げないとボールが持ち上がりません。

スイングスピードが遅いと、ドライブで返せずにボールが落ちてしまいます。

ただ、持ち上げることに集中しすぎると、ラケット面が上を向きやすくなります。

それで返せても意味がありません。

なので、回転をかけるラケット面を作ったままスイングすることが大切です。

最初は上手くできないかもしれませんが、毎日繰り返し練習することで、スイングスピードが速くなっていきます。

台上ドライブの練習

バック側に回り込んで、台上でスイングする練習をしてください。

台上ドライブの場合、大きなバックスイングを引きづらいです。

今回は、スイングスピードを速くすることを意識するので、バックスイングをしないで前腕だけでボールを打つイメージでやってみてください。

そうすることで、今までよりも前腕の動きが速くなります。

前腕の動きを速くすることは、インパクトの瞬間に大事になってくるので意識してみてください。

まとめ

今回は、2種類の練習方法をご紹介しました。

ご紹介した練習は、スイングスピードを上げるだけでなく、実戦でも使える内容になっています。

ぜひ、試してみてください。

この記事を書いた人卓球上達編集部卓球上達編集部
私たち編集部は、坂本竜介選手や三田村宗明選手、松平賢二選手など元プロの選手などから、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手のノウハウや上達方法なども含めて上達につながる有益な情報を発信していきます。