【卓球】安定したブロックができるポイント

ブロック

今回は、実戦で安定したブロックができるようになるポイントと練習をご紹介したいと思います。

今回は、基本的なバックのブロック・フォアのブロックがある程度できる選手へ向けた内容になっています。

ブロックが安定しない理由

たまに

「試合でブロックが上手くできない」

「打たれてしまうとどうすることもできない」

という悩みを持っている選手がいます。

しかし、このような悩みを持っている選手でも、練習ではしっかりとブロックができていたりします。

ですので、同じような悩みを持っている選手が、どうすれば試合でブロックができるようになるのかをお話していきたいと思います。

まず、試合の中でブロックが安定しない理由というのは2つあります。

  1. ボールが飛んでくるポイントに素早く入れない(反射スピードが遅い)
  2. 手だけ出してしまいラケット角度が安定しない

この2つが大きな原因ではないかと思います。

この原因を解決するために、2つのポイントがあります。

1:身体の上下運動・ラケットの引く動きをなくす

ブロックが苦手な人のポイントとしては、ラケットを引いてから持っていく為タイミングが遅れたり、上下運動があるため時間がかかってしまいます。

このような選手は、実は多いんです。

なので、このような動作をなくしてコンパクトに素早くラケットを出せるように意識してください。

2:直線的にラケットと身体を動かす

イメージとしては、エンドラインの上にラケットを構えます。

そこから、エンドラインより引いたり前に出ることがないように直線的に動いてみてください。

そうすることで、最短距離で動くことができます。

横への最短距離の動きが取れますので、反応がぐっと早くなります。

この2つのポイントをしっかりと意識して練習を繰り返せば、反応や入る動きが速くなると思いますので、実践してみてください。