初心者の段階で意識しておきたいバックハンドの基本

バックハンド 初心者

今回は、初心者の選手に向けたバックハンドの基本についてお話していきたいと思います。

  • バックハンドが打てない
  • バックハンドを打ったことがない
  • バックハンドが安定しない
  • バックハンドが台に入らない
  • 卓球を習ったことがない
  • 打てているのか不安
  • 打ち方を見直したい

このような悩みを持っている選手に、おススメの内容になっております。

今回紹介するバックハンドの基本には、ポイントが3つあります。

小さく前ならえ

この小さく前ならえは、リラックスした状態で行います。

力が入って小さくなってしまうと、上手く打てません。

なので、リラックスした状態で前ならえをします。

足幅の広さは肩幅

足幅が肩幅よりも狭くなってしまうと、動いた時に身体が揺れてしまいます。

逆に広すぎると、フットワークが難しくなります。

フットワークができないこともないですが、かなりの脚力が必要です。

なので、足幅は肩幅程度を意識して開いてください。

前ならえの状態からラケットを内側に

小さな前ならえをした状態で、手首からラケットを内側に入れます。

その状態で、大きく前ならえをしていきます。

この大きく前ならえをしたポイントで、打球していきます。

そうすることで、キレイにバックハンドで打つことができます。

また、打ち終わる際に、手が伸びきる前に内側に入れた手を自分の胸の前に戻します。

そうすると、打ち終わりがスムーズになって連続して打ちやすくなります。

まとめ

バックハンドが上手くいかない場合は、この3つのポイントを意識して、練習してみてください。

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!