【卓球】浮き球をスマッシュするコツ

スマッシュ

今回は、浮いたツッツキを一発でスマッシュする方法についてお話していきたいと思います。

サーブが効いて、相手のツッツキが浮くことがあります。こんな時ってチャンスですよね。

ここでスマッシュを狙うけど、少しツッツキが切れていてネットに当たってしまい、せっかくのチャンスをミスしてしまう場面は意外と多いと思います。

今回は、浮いたツッツキを確実にスマッシュするための1つのコツを紹介していきます。

コツ

そのコツは、打球する瞬間を小さく速くスマッシュすることです。

いつもよりもテイクバックを取らない小さめのスイングで、打球する瞬間だけを速くします。

要するに、インパクトの瞬間だけ速くするイメージでスマッシュを打つように意識すると、インパクトの瞬間に速くなるので、多少の相手の下回転が入っている球も回転の影響をなくすことができます。

なので、ツッツキが浮いてきたときは小さく速くの感覚でスマッシュを打っていただくと、浮いたツッツキも一発で打つことができます。

更にカット打ちで、山なりの下回転で少し切れているカットボールって試合中多いですよね。

なので、カットマンのこのようなボールを中々打ち切れずに悩んでいる選手が多いと思いますが、上記と同じ方法で打てば多少の下回転も一発で打つことができます。

POINT:いつも以上にコンパクトスイングでインパクトを速くして相手の回転をつぶす