【OBUコーチ】勝てないカットマンに共通するポイントとは?

OBUコーチ カット

私は試合会場に行くと、カットマンの試合を必ずと言っていいほど観ます。

とても上手だなと思うカットマンもいれば、まだ未熟だなと思うカットマンもいます。

どちらも、私にとっては参考になります。

上手いカットマンのプレーは、自分も真似して少しでも採り入れたいと思います。

未熟なカットマンのプレーは、やはりありがちなミスをしていますので、指導の際の参考になります。

  • 何故そういうプレーをしてしまうのか
  • そうならない様にするにはどう指導すれば良いか

などと考えます。

今号では、試合で勝てないカットマンに共通するポイントを挙げてみました。

凡ミスを繰り返す

一番勝てないのは、「簡単なミス(凡ミス)を繰り返す」というケースです。

自分の得点は、「自分が攻撃して得た点数+相手のミス」です。

一方で、相手の得点は、「相手が攻撃して得た点数+自分のミス」です。

凡ミスを繰り返すということは、楽に相手の得点を増やしているということに繋がります。

これでは試合に勝てません。

カットマンの主戦技術のカットやツッツキは、残念ながらそれ自体では得点力が低いです。

ですので、なおさらミスしていては勝てないのです。

カットマンはカット技術に関しては、ノーミスで行きたいところです。

相手にイージーボールを送る

つい、やってしまいがちなことに、「相手に打ち易いボールをわざわざ送る」というケースがあります。

まだカットの技術が未熟だから仕方ないと言う面もありますが、それでは相手に「どうぞ、打って得点してください」と言っている様なものです。

  • ほんの少しでもコースを変えてやる
  • 長短やタイミングを変えてやる

など、変化を加えれば違ってきます。

とても、もったいないケースです。

おそらく、普段の練習で易しいボールを送らないとラリーが続かないなどの理由で、そういう癖がついているのだと思います。

試合前は、ゲーム練習をよくやり、厳しいコースを突くことを心掛けた方が良いと思われます。

すぐ諦める

相手が強打の体勢に入ったのに、そのままの姿勢で動かない選手がいます。

打たれると思うのならば、少しでも台から距離を取り、強打の威力が減衰する時間を作るべきです。

また、強打に対して、ボールをラケットに当てる努力をするべきです。

とにかく諦めるのではなく、どんなボールに対しても喰らいついて行く姿勢を見せましょう。

綺麗に返球できなくても、構いません。

また、カットにこだわる必要もありません。

返球出来ればいいのです。

返球する姿勢を見せると、相手が怯みます。

チャンスボールを、ミスしてくれるかも知れません。

たまたまラケットにボールが当たって、返球出来たりする可能性だってあります。

その可能性を自ら放棄して諦めてしまうのは、何とももったいない話です。

試合で相手に少しリードされると、諦めてしまう選手がいます。

まだ負けたわけでもないのに、気力が萎えてしまって覇気のないプレーをするのです。

これも、もったいない話です。

自ら、負けに行っているようなものです。

試合は何があるか分からないから、最後まで諦めてはいけません。

今までやってきた中で、一番相手に効きそうな手は何かを必死になって考えるのです。

相手は、リードすると必ず油断が生じます。

その隙を突くのです。

日本人は特に、すぐに一か八かの勝負をしたがりますが、これは最後にとっておきましょう。

本当の勝負師とは、粘り強いものです。

まとめ

勝てないカットマンに共通するポイントは、

  • 凡ミスを繰り返す
  • 相手にイージーボールを送る
  • すぐ諦める

です。

特にカット技術は、スマッシュやドライブに比べて得点力が低いので、凡ミスしない様に繰り返し練習しよう!

試合前はゲーム練習を多くやり、試合で厳しいコースを突けるようになろう!

最後まで気力を振り絞って戦おう!

結果は後からついてくるので、目の前の1本を全力で獲りに行こう!

この記事を書いた人OBUコーチ(小吹 真司)OBUコーチ(小吹 真司)
昭和40年12月31日生まれ。血液型O型。兵庫県西宮市出身。現在は静岡市在住。
中学1年より卓球を始め、卓球歴は40年以上。中学高校時代は鳴かず飛ばずの成績。高校時代は県大会前の地区予選3回戦ボーイであった。インハイなど全国大会出場経験無し。大学時代飛躍的に卓球技術が向上。東海学生卓球リーグ2部で全勝しチームの優勝に貢献し敢闘賞を受賞。3人の元インハイ出場の選手に勝つ。30代の時に東海選手権(年代別個人戦)で、ベスト8に入る。高島規郎選手、古川敏明を選手を師と仰ぐ。現在も現役選手として試合に参加している。静岡市卓球協会の常任理事として静岡市の一般の試合の大会運営や広報活動を行う。また中高生の指導に当たる事もある。2005年から卓球のメールマガジンを発行中。現在も続いている。著書「OBUさんの初心者卓球上達法~卓球が上手くなりたい人へ」(文芸社)