閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【卓球】左利きの選手に覚えてほしい3つのサーブ
  2. 【卓球】フットワークを鍛える練習法
  3. 【卓球】バックサーブ、同じ構えから2種類出す方法
  4. 【卓球】初心者でも大丈夫!ツッツキのミスをなくす方法
  5. 【卓球】ループドライブ、回転のかけ方のコツ
  6. 【卓球】ロングサーブのお悩み解決
  7. 【卓球】いままでにない下回転サーブの出し方!
  8. 【卓球」下回転ボールに対するバックドライブの打ち方
  9. 【卓球】レシーブがうまく返せる裏技
  10. 【卓球】フォアドライブ上達ポイント
閉じる

卓球の最新上達法(動画・メルマガ配信)|卓球事務局

ラリーを制する意外な方法


こんな経験はありませんか?

もし、あなたが普段の練習や試合の中で、

・相手のペースに振り回されっぱなしになる

・得意な技術を使える場面が少ない

・いつも相手に強い打球を叩き込まれてしまう

・相手にチャンスボールを与えてしまう

・自滅するミスが多い

 

など、こんなことに悩んだ経験があるのなら?

今からお伝えすることは、あなたのプレーを変える、とても重要な話になります。

なぜなら今回、ラージボール日本一の選手である三田村コーチから、「ラリーの主導権を握り、あなたの得意な技術でガンガン得点を決める方法」を教えてもらったから。

しかもその方法は、ラージボールプレーヤーのほとんどが練習していない「ある技術」を身につけることだと三田村コーチは言います。

いったい、どんな技術なのか?それは…、


「サービス」です

「えっ、サービス…?」

「サービスなんて、入れるだけでしょ。」

きっと、こう思われたのではないでしょうか。

たしかに、ラージボールのサービスは得点率が高くありません。ですので、実際に試合を見てみても、「ただ入れるだけ」のサービスを打つ選手が多いです。

また、選手の中には、サービスの練習をしたことがないという人もたくさんいます。

しかし、三田村コーチは、ラリーの主導権を握るには、サービスの技術を向上させることが重要であると断言します。

なぜなら、あなたがどんなサービスを出すかで、相手が返球する2球目のボールの種類はほとんど限定されてくるから。

つまり、ラリーの主導権を握って相手を振り回したり、チャンスボールを返させて得意な技術で得点を決めるというプレーが、「計画的」にできるようになるのです。

そして、三田村コーチが推奨する、
ラリーの主導権を握るサービスには、


「3つのポイント」があります

この「3つのポイント」を学ぶことでラージボール初心者であっても
ラリーの主導権を握れる効果的なサービスを出せるようになれると三田村コーチは言います。

では、具体的に何を学ぶ必要があるのか?

次回に続く・・・

関連記事

  1. ロングサーブで決める日本一の戦術パターン

  2. 練習の目的とは?

  3. アマチュア絶対戦術

  4. 勝率の高い選手と低い選手

  5. ラージボール必勝戦術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回は、「左利きの選手が覚えておくべき3つのサーブ」を、ご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、フットワークを鍛える3段階の練習法をご紹介していきたいと思います。…
  3. フォアサーブは得意だけど、バックサーブはあまり得意じゃない方必見。同じ構えから、2種類のサー…

おすすめ記事

  1. 【卓球】左利きの選手に覚えてほしい3つのサーブ
  2. 【卓球】フットワークを鍛える練習法
  3. 【卓球】バックサーブ、同じ構えから2種類出す方法
ページ上部へ戻る