勝率の高い選手と低い選手

動画

勝率が高い選手は知っていて、勝率の低い選手は知らない、練習に入る前に理解しておくべき「3つのポイント」とは?
藤井貴文

藤井 貴文(ふじい たかふみ)

卓球三昧 プロコーチ

2010年に東京・高田馬場に卓球教室「卓球三昧」をオープンする。
抽象的な言葉を使わず、具体的でわかりやすい独自の卓球理論「三昧メソッド」が高く評価され、オープンからわずか3年で、1,000人を超える選手を上達させる。
卓球専門誌「卓球王国」で基礎打ちの講師としての執筆をおこなうなど、活躍の幅を広げている。

【主な戦績】
2002年 サフィール国際大会クラス1優勝
全日本学生選手権13位
全日本選手権シングルスベスト32
2003年 インカレ2位
2007,8,10,11年 全日本クラブ選手権ベスト4
2010年 全日本選手権ダブルスベスト32
関東学生リーグ通算成績
個人成績17勝5敗18不戦
2001,2,3年 春 優勝
2003年 秋 優勝
2000年 春 新人賞
2001年 春 殊勲賞
2002年 春 優秀選手賞
全日本選手権出場回数 4回
全日本総合ランキング最高位 29位

【掲載メディア】
卓球王国 2012年7月号、8月号、9月号


『同じ練習量、同じ練習メニューを行っていても、試合での勝率が高い選手と低い選手がいる。その違いは、練習に対する「意識」と「考え方」にある。』

藤井さんの言葉です。

 

試合でなかなか勝てない選手に共通していること。

 

それは、

 

「効果的ではない間違った意識と配分」

練習をしてしまっているということです。

 

効果的ではない間違った意識と配分というのは、

大きく分けて以下の3つのポイントに分けられます。

 

1つ目は、

時間の使い方(配分)が間違っている。

 

2つ目は、

ベストな力加減で練習ができていない。

 

3つ目は、

練習の空気(雰囲気)を

読めていない状態で練習してしまっている。

 

これら3つの

練習に取り組む意識や配分を理解することで

試合に直結した練習をするための“準備”が整います。

 

こちらの解説動画で詳しく説明しています。

日々の練習の中で、より上手くなっていくために大切なことですので

ぜひ、一度ご覧ください。

 

試合の直結した日々の練習メニュー

DVDの詳細はこちら

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!