戦術の考え方

松平賢二

「卓球の試合を有利に進めて最終的に勝つためには、守るべき3つのルールがあります。
その3つのルールというのが、基本的な戦術の考え方になります。」

松平選手の言葉です。

この3つのルールを元に松平選手は、試合で勝つための戦術を作り上げています。

3つのルールというのは、

  1. 「3球目の攻撃につなげるためのサーブの攻め方」について。
  2. 「チャンスボールがきたときの攻め方」について。
  3. 「厳しいレシーブがきたときの対処法」について。

この3つです。

今回は、この3つの内の1つである、「厳しいレシーブがきたときの対処法」を公開します。

試合中、自分の狙ったところよりも

  • 「サーブが少し長く出てしまった…。」
  • 「回転をしっかり掛けられなかった…。」

こんなときに相手から、厳しいレシーブが返ってくる確率が高くなりますよね。

試合で自分が狙ったところに100%サーブを決めることができれば、相手から厳しいレシーブが返ってくることもないです。

しかし、試合での全てのサーブを狙ったところに寸分の狂いもなく100%決めることは、プロ選手であってもなかなかできることではありません。

サーブのコントロールが、プロと比べると劣るアマチュアの方であれば、なおさら相手から厳しいレシーブを打たれる確率は上がります。

試合では、サーブが甘くなり、相手から厳しいレシーブがきた時点で自分は不利な状況になってしまいます。

ですが、厳しいレシーブがきたときにでも、ポイントをとるためには攻める必要があります。

では、試合を有利に進めて最終的に勝つためには、厳しいレシーブに対してどのように対応していくことがベストなのか?

松平選手の解説&実践動画はコチラ

松平賢二のシングルス必勝戦術 ~サーブからポイントをとるための戦術パターン~