閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【卓球】左利きの選手に覚えてほしい3つのサーブ
  2. 【卓球】フットワークを鍛える練習法
  3. 【卓球】バックサーブ、同じ構えから2種類出す方法
  4. 【卓球】初心者でも大丈夫!ツッツキのミスをなくす方法
  5. 【卓球】ループドライブ、回転のかけ方のコツ
  6. 【卓球】ロングサーブのお悩み解決
  7. 【卓球】いままでにない下回転サーブの出し方!
  8. 【卓球」下回転ボールに対するバックドライブの打ち方
  9. 【卓球】レシーブがうまく返せる裏技
  10. 【卓球】フォアドライブ上達ポイント
閉じる

卓球の最新上達法(動画・メルマガ配信)|卓球事務局

相手を惑わす、サービスの工夫の仕方

いつも読んで下さってありがとうございます。


ある程度、サービスが出せる様になったら、
考えるべきことがあります。


それは、いかにチャンスボールを作るか、です。


サービスそのもので得点する、
いわゆる「サービスエース」は難しいです。


むしろサービスでチャンスボールを作って、
3球目を攻撃する方が得点しやすいです。


絶対にレシーブで返球できないサービスは
あるにはあるのです。


しかし、それはまた別の号で述べるとして
今号ではチャンスボールを作るための
サービスの工夫について述べます。


こちらが攻撃しやすいチャンスボールとは何か。


それは「打ち易い高さに浮いたボール」です。


ではどうやって打ち易い高さに浮かせるか。


その答えは「間違った情報を相手に送る」ことです。


・・・・・

私のオススメは、アップダウンサービスです。


アップダウンサービスとは、同じフォームで
上回転と下回転を出すサービスのことです。


リオ五輪の男子団体で活躍した吉村真晴選手は、
フォアハンドのYGサービスでアップダウン
サービスを出した世界で初めての選手です。


サービスエースを何本も取るほど、威力のある
アップダウンサービスでしたね。(^^)


上回転かと見せかけて下回転。
下回転かと見せかけて上回転。


中途半端に迷ってレシーブすると、
吉村選手の強烈な3球目攻撃を浴びるのです。


これは相手に間違った情報を送る典型的な例です。


アップダウンサービスで一世を風靡した選手は、
過去にもいらっしゃいます。


リオ五輪で解説をしていた宮崎義仁さんです。
宮崎さんは前の全日本監督です。


宮崎さんはバックハンドサービスで、
アップダウンサービスを開発しました。


この独創的なサービスを引っ提げて、
世界選手権初出場で見事シングルスベスト8に
入りました。


私も宮崎さんのバックハンドによる
アップダウンサービスを真似したものです。


そこに高島規郎さんや松下浩二さんの
要素を採り入れて自分なりのサービスを
作り上げていきました。


今でもそのサービスが私の基本サービスに
なっています。(#^^#)


もう1つの工夫は、

「そのサービスをどの位置からどこへ出すのか」

です。


バックサイドから出すのか。
ミドルから出すのか。
フォアサイドから出すのか。


これだけでも相手にとっては変化になります。


それを、

相手のフォア前、フォア深く
相手のミドル前、ミドル深く
相手のバック前、バック深く

出すことで、3×6の18通りになります。


仮に2種類の回転を出すとすれば、
その2倍の36通りになりますね。


それに相手の心理状態を加えれば・・・!


サービスは工夫次第で無限の変化になると
いうことが分かって頂けたと思います。(^^)v

関連記事

  1. 全国レディース卓球大会

  2. 回転を外す技術

  3. 【卓球】バックサーブ、同じ構えから2種類出す方法

  4. フォアハンドの基礎を覚えるときのポイントと注意点

  5. ショットの威力を高めるためのトレーニング

  6. 【卓球】バックハンドが上達する練習法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回は、「左利きの選手が覚えておくべき3つのサーブ」を、ご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、フットワークを鍛える3段階の練習法をご紹介していきたいと思います。…
  3. フォアサーブは得意だけど、バックサーブはあまり得意じゃない方必見。同じ構えから、2種類のサー…

おすすめ記事

  1. 【卓球】左利きの選手に覚えてほしい3つのサーブ
  2. 【卓球】フットワークを鍛える練習法
  3. 【卓球】バックサーブ、同じ構えから2種類出す方法
ページ上部へ戻る