閉じる
閉じる
閉じる
  1. アマチュア絶対戦術
  2. 相手タイプ別攻略法
  3. 【直伝】計画的に得点を奪えるサービス
  4. ラリーを制する意外な方法
  5. 卓球が上手くなる目標の立て方
  6. 相手を惑わす、サービスの工夫の仕方
  7. 試合に勝つためのイメージトレーニング
  8. 団体戦で勝つためのオーダーの組み方のコツ
  9. サービスの回転をかけるコツとは?
  10. 勝負どころで使う「とっておきのワザ」
閉じる

卓球の最新上達法(動画・メルマガ配信)|卓球事務局

相手を惑わす、サービスの工夫の仕方

いつも読んで下さってありがとうございます。


ある程度、サービスが出せる様になったら、
考えるべきことがあります。


それは、いかにチャンスボールを作るか、です。


サービスそのもので得点する、
いわゆる「サービスエース」は難しいです。


むしろサービスでチャンスボールを作って、
3球目を攻撃する方が得点しやすいです。


絶対にレシーブで返球できないサービスは
あるにはあるのです。


しかし、それはまた別の号で述べるとして
今号ではチャンスボールを作るための
サービスの工夫について述べます。


こちらが攻撃しやすいチャンスボールとは何か。


それは「打ち易い高さに浮いたボール」です。


ではどうやって打ち易い高さに浮かせるか。


その答えは「間違った情報を相手に送る」ことです。


・・・・・

私のオススメは、アップダウンサービスです。


アップダウンサービスとは、同じフォームで
上回転と下回転を出すサービスのことです。


リオ五輪の男子団体で活躍した吉村真晴選手は、
フォアハンドのYGサービスでアップダウン
サービスを出した世界で初めての選手です。


サービスエースを何本も取るほど、威力のある
アップダウンサービスでしたね。(^^)


上回転かと見せかけて下回転。
下回転かと見せかけて上回転。


中途半端に迷ってレシーブすると、
吉村選手の強烈な3球目攻撃を浴びるのです。


これは相手に間違った情報を送る典型的な例です。


アップダウンサービスで一世を風靡した選手は、
過去にもいらっしゃいます。


リオ五輪で解説をしていた宮崎義仁さんです。
宮崎さんは前の全日本監督です。


宮崎さんはバックハンドサービスで、
アップダウンサービスを開発しました。


この独創的なサービスを引っ提げて、
世界選手権初出場で見事シングルスベスト8に
入りました。


私も宮崎さんのバックハンドによる
アップダウンサービスを真似したものです。


そこに高島規郎さんや松下浩二さんの
要素を採り入れて自分なりのサービスを
作り上げていきました。


今でもそのサービスが私の基本サービスに
なっています。(#^^#)


もう1つの工夫は、

「そのサービスをどの位置からどこへ出すのか」

です。


バックサイドから出すのか。
ミドルから出すのか。
フォアサイドから出すのか。


これだけでも相手にとっては変化になります。


それを、

相手のフォア前、フォア深く
相手のミドル前、ミドル深く
相手のバック前、バック深く

出すことで、3×6の18通りになります。


仮に2種類の回転を出すとすれば、
その2倍の36通りになりますね。


それに相手の心理状態を加えれば・・・!


サービスは工夫次第で無限の変化になると
いうことが分かって頂けたと思います。(^^)v

関連記事

  1. サーブの出し方の基本

  2. フォアハンドとドライブの違い

  3. ドライブレシーブの対処法

  4. ラージボールが教えてくれること

  5. 卓球の「ボール突き」と「壁打ち」のバリエーション

  6. サーブを出すときの注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今、この記事を読み進めようと思っているあなたは、「試合に勝つために、戦術は重要だ」と感じてい…
  2. こんな対戦相手は嫌だ!!あなたは試合の中で、「いつも苦戦してしまうタイプ」や「嫌…
  3. 前回の記事で、ラリーの主導権を握って相手を振り回したり、チャンスボールを返させて得意な技術で得点…

おすすめ記事

  1. アマチュア絶対戦術
  2. 相手タイプ別攻略法
  3. 【直伝】計画的に得点を奪えるサービス
ページ上部へ戻る