バック粒高ラバーの戦型

技術 道具


いつも読んで下さってありがとうございます。

読者さんから質問を受けましたので、回答します。

————————————————

ラバーの選定でご相談があるのですが、
よろしくお願いいたします。

私は中学1年で卓球を始めて2年くらいになります。
攻撃型でシェイクハンドで両面裏ソフトの
ラバーを使っていましたが、粒高ラバーを
使ってみたいです。

フォアの方にスピードと回転を重視した
裏ソフトのラバーでバックに粒高のラバー
というのは何か問題がありますか?

ショートマンという戦型がこのようなラバーの
張り方のようですが、それはあくまでも
攻撃型ではなく守備型なのでしょうか?

悩んでいます。回答をお願いします。

————————————————

こんにちは!
とても丁寧なメール、ありがとうございます。(#^^#)

粒高ラバーを使用してみたいとのこと、積極的に使ってみれば
良いと思いますよ。(^^)

但し、用具にはそれぞれ特徴があり、
それを知った上で使うべきだと私は思います。

粒高ラバーの特徴は、

1.裏ソフトに比べると全く弾まない。

2.相手の回転の逆の回転が返球される。

3.ナックルボールが出やすい。

などです。

2.は相手がドライブを掛ければ掛けるほど、粒高ラバーで打球すると
カットになって返っていくのです。天邪鬼(あまのじゃく)の様な性質です。

全然弾まないラバーなので、ドライブやスマッシュなどの強打には
不向きです。決して打てないことはありませんが、すぐに減速します。

むしろ、弾まない・変化ボールが出せる特徴を活かして、
相手を変化で翻弄するプレーを目指すべきだと思います。

対戦すれば分かるのですが、粒高ラバーを使用している選手は
非常にやりにくいものです。

粒高ラバー自体がやりにくいし、フォア面の裏ソフトと組み合わせることで
回転の変化の差が出て、さらにやりにくくなります。

バックに粒高ラバーを貼るのであれば、そういう「やりにくさ」を
全面に出したプレースタイルを目指すべきでしょう。

戦型は「異質攻撃型」という、れっきとした攻撃型です。(^^)
なので、全然問題ありません。

バックを攻められると粒高によるブロックが中心になるので、
守備主体の戦型と思われるかも知れませんが、それは誤解です。

バックに粒高ラバーを貼って成功した選手には、
女子では福岡春菜選手がいます。

王子サーブと粒高のプッシュ攻撃で、日本を代表する選手になりました。

ご質問者さまは中学生なのですね。まだまだ、これからですね。

是非、頑張ってください! (^o^)/

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!