攻守のバランス

メンタル 戦術 技術


こんにちは!

いつも読んで下さってありがとうございます。

あなたは攻め過ぎたり、逆に守り過ぎたり
したことはありませんか?

戦型を問わず攻めと守りのバランスって、
どれくらいが適正なのでしょうか。

今回は、それについて考えてみました。

相撲の世界では

「(相手が)押さば、(自分が)押せ。引かば、押せ」

という教えがあるらしいです。(^^;;

この教えは、結局、どんな時も「押せ」ということらしい。(笑)

「どんな相手であろうとも躊躇せずに積極的に前へ出ろ(攻めろ)」

きっと、こういう意味なのでしょうね。

攻撃対攻撃では、気迫が大切ですから、この考え方はアリですよね。

でも相撲の技にも「引き技」はあるし、
相手の前へ出る力を逆に利用して投げる「出し投げ」もあります。

つまり、卓球に置き換えると、こういうことではないでしょうか。

一見、守りや繋ぎに見える技でも、使う時には攻める気迫で行なっていると。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

元々私は昔ながらのカットマンで、とにかく粘りが身上でした。
打てるボールもわざと打たず、守り重視で粘り倒すスタイルでした。

しかし年齢を重ねて、体力が落ちてきて、

「それだけではダメだ。打つべき時は打って出なくては」

と思う様になりました。

今現在は積極的に打って(攻撃をして)います。
特に相手がカットマンの時は、基本的に3球目攻撃を仕掛けています。

相手によって、攻撃とカットの比率を変えているだけで、
戦い方としてはそれほど大差ないのではと自己分析しています。

・・・・・

カットをしている時でも守っている意識はなく、
攻撃を仕掛けている時と同じような心持ちでいますね。(#^^#)

自分が攻めている時には、積極果敢に攻め、
守勢に回った時も、攻撃している時と同じ強い気持ちで凌ぐ。

今、何をすべき時なのか。攻めているのか、守っているのか。

試合の流れの中で、あるいは1球1球のラリーの中で
冷静に考えて行きたいものですね。

http://rs39.net/c/tt/cpmk_1/bl/

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!