打ってくるコースがわかっていても返球できない理由とは?

トレーニング 技術


いつも読んで下さってありがとうございます。

卓球に必要な身体能力の1つに
「瞬発力」が挙げられます。

あなたもご存知の通り、
卓球はボールを扱うスポーツの中で、
最速のスポーツなのです。

ですから、

1.短い時間に情報を収集し、予測する能力を発揮させ、

2.瞬時に状況を判断し、最適解を決め、

3.ただちに行動に移す。

ことが重要です。

難しく聞こえますが、実は、あなたも卓球のプレーの中で、
無意識のうちにこれをやっています。(笑)

「瞬発力」が重要だというのは、

3.ただちに行動に移す。

の部分です。

せっかく、相手がやってくることが分かり、
次に自分がどう対処したら良いか分かっているのに
「行動に移せなければ」意味がありません!(>_<)/

これは歯痒いことですよね。
「あ~、もう分かっているのに・・・!」って。(^^;;

ミスの原因はズバリ「1歩目の動き出し」です。
これが遅いということです。

こっちだ!と思った瞬間に
サッと動けるかどうかに懸かっています。

一番重要なのは、脚で蹴って自分の重心を移動させることです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

手だけ(上体だけ)で反応する方法も、卓球ではアリですが、
それはあくまで最後の手段です。

基本は最適打球点まで身体を動かすことです。

そして自分の打球に体重を乗せることです。
そうしないと結局は相手にとって軽い球に過ぎません。

・・・・・

ここでフットワーク向上に
オススメメソッドがあります(^^)

『1歩目~5メートル以内を高速移動!
~ファンクショナルトレーニング「瞬発力向上メソッド」~』

というものです。

講師は井上大輔先生で、NPO法人日本ファンクショナルトレーニング協会の
理事長を務めています。この分野の日本の第一人者ですね。

ファンクショナルトレーニングは以前にも紹介させて頂きましたが、
日本では各スポーツジャンルのトップアスリートだけが取り入れて
いるトレーニングです。

例えば、テニスの錦織圭、シャラポア、伊達公子の各選手や、
プロ野球の松坂大輔投手、ゴルフの宮里美香選手などです。

内容を全部観て改めて思うのは、
漫然とトレーニングをするのではなく、

このスポーツのこの動きを鍛えるためにこのエクササイズをするという風に、
目的意識のはっきりしているトレーニング方法だということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

様々なスポーツの基礎としてトレーニングですから、
もちろん卓球にも応用できます。

シャッフルとクロスオーバーという足の動かし方についての
エクササイズがありますが、これは卓球のフットワークに使えますね。(^^)v

詳しくはコチラ↓
http://rs39.net/c/tr/ctid_2/bl/

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!