10割の力で打つタイミング

技術


お客様からこんな質問をいただきました。

■質問

> 私は1943年生まれです。
> ラージボルを63才の時から始めました。

終戦近くにお生まれになったのですね。
人生の大先輩ですね。

> それまでスポーツはスキー(34才~現在)以外は
> した事が無かったのです。

> しかし、ラージボールを始めますと面白くのめり込んで
> しまいました。現在は3つのクラブで練習をしていますが
> 中々上達が出来ません。

> 何とか上級者になりたいと目指していますがまだまだ遠く
> 中級者です。

すごい練習量ですね。
ラージボールは、とても面白いスポーツですね。
いくらでも工夫の余地があるように思います。(^^)

> 今は台上プレー等を私の課題として取り組んでいますが
> ミスが無くならないです。

> 練習中の試合等でフリックの時には力んでしまったり、
> ストップ等タイミングが遅かったり力んだりとミスが多のですが、
> たまには練習の試合で上級者の難しく切れた短いサーブをフリックで
> ミス無く打って快勝することがあります。

上手な攻撃型の人のプレーを見ていると、その一発で決めてやろう
というよりも、7~8割の力で軽く入れている様に見えます。
だから全然力みが感じられません。

そして相手を大きく動かして、相手のミスを誘っています。
こちらの攻撃したボールは返球されるだろうというのを
前提で打っている様に見えますね。

ラージボールはこちらの強打が入っても、すぐにボールが
減速するので、ボールの威力よりも手数で勝負するという様に
頭を切り替えた方が良いかも知れません。

そして、ここぞという時だけ、10割の力で打つと。

> 最近台上から少し出るサーブ等もストレートへドライブの
> 強打打ちで得点出来る事なども増えてきました。

なかなか選球眼がいいですね! (^o^)d

コースもストレートは効きますので、
どんどん使っていきましょう。
得意技の1つにまでなるといいですネ!

> 他にサーブも課題です。
> 良いサーブの時には得点出来る事がタマにあります。
> 下右回転の低く早いミドルのギリギリに入れるサールと
> 短くネット際に入る下回転のサーブです。が、、、

> つい甘いサーブになる事の方が多いのが悩みです。
> 何とか成功率を高めて確かなプレーをしたいと
> 思っています。

> 色々とご指導をお願いいたします。

サービスの組み合わせがいいですね。
長いサービスと短いサービスを組み合わせて、相乗効果を狙うと
いいと思います。そこに回転の変化も加えると俄然効きます。

ただミスをしては効果半減ですので、慌てず自分のリズムで
確実に入れたいところです。

ぜひ、がんばってください。 (^^)