「対話力」=「雰囲気を読む力」

技術


久しぶりに全日本選手権を観戦しているのですが、
5年ほど前と比べて全体的にレベルアップしている
ように感じます。

レベルの高い選手同士で試合をしていますとラリーが
やはり多く繋がり見ごたえのある試合になります。

————–

ここでのレベルは果たして、ドライブが早い、回転が
かかっている、コースが良い、等々の基本技術の質が高い
ことを指すだけではありません。

確かに、トップ選手の基本技術は言うまでもありませが、
試合において一番必要な力は相手との対話力です。

対話力とは相手の考えていることを読み、それに対応して
返球する力や、逆に自分の考えていることを相手に
読まれないようにする力です。

————–

試合で、個々の自分の技術をいかに発揮できるかは
対話力にかかっています。

トップ選手が対話力に優れているのが良くわかるシーンとして、
試合前の練習にあります。皆様は全日本選手権の決勝戦等を
テレビでやっているのを観た事がありますか。

もし観たことが無い方は、YouTube等の試合動画で、
試合前の練習が映っている動画を観てみて下さい。

その際に注目して頂きたいのは、試合の内容ではありません。
注目すべき点は試合前のフォアクロス、バッククロス、
での練習です。

練習をする際に、最初はフォアクロスでフォア打ちをします。
その後、片方の選手Aさんはフォアドライブを打ち、
もう片方の選手Bさんはブロックをします。

それが、少したったら自然にBさんがドライブでAさんが
ブロックに変わります。それをバックサイドでも
同じ事をやります。

上記の事は一見自然な流れなのですが、これには今日の
メイントピックでもある「雰囲気を読む」という
キーワードが含まれています。

——————-

「対話力」=「雰囲気を読む」ということは、
言葉ではなく相手の顔色、しぐさ等々から
その人の考えていることを読み取る事を言います。

その雰囲気が読み取れているからこそ、練習時に
言葉で「ドライブ打ちます」、「ブロックします」
等々言わなくても自然に、

「相手はドライブを打ちたいからここは相手に打たせてあげよう」
「相手が疲れてブロックの体勢に入ったから次は自分が
ドライブを打とう」等、雰囲気を読みながら相手に
合わせながら阿吽の呼吸で練習が出来ます。

もちろん試合中は、相手がドライブを打ちたがっているから
と言って、そこにボールを送ってはいけませんが、
逆を言うと相手が打ちたがっているという事がわかれば、
遅いボールを送ったり、違うコースに打ったりすることが出来ます。

このように常に雰囲気を読んで相手の打つコース、タイミング、
回転量等を読みあいながら試合が出来るのがトップ選手です。

ラリーが続いているということは、それらの読みがお互いに
当たっているということで、逆にラリーが途切れた瞬間に、
片方の選手がそれらの読みを外した瞬間でもあります。

是非、皆さんも常に練習の時から相手の雰囲気を読み、
試合で活かせるようにしてください。

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!