「自分のミスの原因」について

技術


「自分のミスの原因」について

あなたは普段自分がミスしたときに、
何を考える事が多いでしょうか。

自分のミスにおいて、考えられるケースは、
ボールが台の左右にずれてミスをするか、又は
ネットもしくはオーバーミスと言うことになります。

更に、左右にずれてミスするケースも結局はネットを越して
左右にずれるのか、ネットを越さずに左右にずれるのか
と言う観点から考えれば、やはりミスはネットを
越えないか、それとも相手の台を飛び越してしまったか、
のどちらかになります。

例えば、ボールがネットに引っかかってしまった
ケースの原因はどのように考えますか?

1.このケースでは原因はいくつか考えられます。
面の角度が下を向きすぎていたからネットしてしまった、
という原因が一番に思い浮かぶと思います。

2.その次に、自分の腕の振りが上から下に向かって動いていたと
言う事が考えられます。面の角度が開いていても、結局腕が上から
下に振るようでしたら、ボールは必ず下に飛びますので、
ネットしやすくなります。

3.その次に、力加減です。ものすごく弱い力で腕を振ったら
ボールはネットまで届きませんし、力なくネットする事が
多くなります。

この上記の3種類はミスに直結する大きな原因となります。
おさらいしますと、面の角度、腕の振る方向性、力加減です。

そして更に、そこにタイミングが入ってきます。

先程の3種類のミスの要素と比べてタイミングは少し異なります。
タイミングとは相手の打球してきたボールにいかに、自分の体の
タイミングを合わせて打球するかということでして、相手が
あってからこその話になります。

上記の3種類の原因は自分に起因していますが、
タイミングは相手があっての話になってきます。

タイミングが早すぎるとネットしやすい傾向にあり、
タイミングが遅いとオーバーミスしやすい傾向にあります。
それは、タイミングが早いと面が被りやすく腕が上から下に
ふりやすくなり、タイミングが遅いと面が開きやすくなり
腕が下から上に振りやすくなるためです。

ここで、混同してはいけないのは、タイミングがずれた結果、
面や腕の振る方向がずれてしまったのか、それともタイミングは
合っているが、自分の体の動き自体がずれてしまったのか
と言うことです。

それが自分自身で判断できるようになると、ミスを自分で
修正する能力が飛躍的に高まります。

タイミングが早すぎて面が被りすぎてネットミスしているのに、
面の事にしか頭がいっていない方が多くいます。

確かに、面が被ったことによりネットミスしたのですが、
その面を被らせてしまった原因はタイミングが早すぎた
と言うところまで考えなくてはいけませんし、
気づかなくてはいけません。

卓球のミスには色々な要素が複合的に絡まってきますので、
それを一つ一つ紐解けるように頭を常に整理しておく癖を
つけてください。

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!