フォアハンド・バックハンドと ドライブの使い分け方

技術


今回もお客様からの質問シリーズです。

■質問

フォアハンド・バックハンドと
ドライブの使い分け方について教えてください。

■■答え

卓球においてどの範囲までをバックハンドで、そして
どの範囲までをフォアハンドで打ちなさいという
定義づけはありません。

ですので、自分のフットワーク力、そしてひとつ前のプレー、
例えばフォアに大きく飛ばされて、ミドル迄戻りきれない
ために、ミドルはバックで処理する。

また、バックサイドを大きくフォアで回りこんだ後なので、
ミドルのボールはフォアで処理するといったように、
場面場面でフォアドライブでもバックドライブでも
使えると良いかと思われます。

卓球において一番大事なのは相手のコートに上回転にして
返球するということです。フォアドライブにせよ、
バックドライブにせよ上回転がしっかりとかけられていれば
どちらをどの場面で、どの場所で使用しても問題ありません。

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!