閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【卓球】左利きの選手に覚えてほしい3つのサーブ
  2. 【卓球】フットワークを鍛える練習法
  3. 【卓球】バックサーブ、同じ構えから2種類出す方法
  4. 【卓球】初心者でも大丈夫!ツッツキのミスをなくす方法
  5. 【卓球】ループドライブ、回転のかけ方のコツ
  6. 【卓球】ロングサーブのお悩み解決
  7. 【卓球】いままでにない下回転サーブの出し方!
  8. 【卓球」下回転ボールに対するバックドライブの打ち方
  9. 【卓球】レシーブがうまく返せる裏技
  10. 【卓球】フォアドライブ上達ポイント
閉じる

卓球の最新上達法(動画・メルマガ配信)|卓球事務局

団体戦で勝つためのオーダーの組み方のコツ

いつも読んで下さってありがとうございます。


団体戦はオーダーが大事と言われます。


オーダー次第で勝つ確率がグンと上がったりします。


体験的にも私もその通りだと思います。


ですので、是非知ってもらいたい事実なのです。(^o^)b


ところが、意外にも一般的に知られていなくて、
また知っていたとしても実行している人は少ないのです。


おそらくその理由は、面倒だからという一言に尽きます。(笑)


そうなのです。


まず相手のオーダーを読むには、
対戦相手のデータを蓄積するところから始まります。


ですので、偵察部隊でも作らない限りは、
データ集めで時間と労力が取られてしまい、
肝心の試合の方が疎かになってしまいます。


そしてデータを集めて分析をし、その傾向を考えます。


しかし、苦労して考えたオーダーが外れることも多く、
期待した効果を得られないこともよくあることなのです。


ですから、たいていの人は、まあやらなくていいかと
あきらめてしまうわけです。(よく分かります。笑)


でも本当にそれでいいのか、と私は思います。


やはり団体戦で勝ちたいという気持ちが強いので、
努力を惜しまず私はやろうと思います。


こちらの読みがばっちり当たり、
まんまと私たちが勝つこともあるわけですから!(笑)

 

・・・・・

私のホームグランドの静岡市では、
団体戦と言えば「4シングルス+1ダブルス」の
形式が多いです。


4人ぎりぎりで参加しているチーム、
5人で参加しているチーム、
6人以上で参加してるチームと様々です。


どのチームもダブルスを重視する傾向があるので、
チームのエース級の選手が絡んでくることが多いです。


5人以上で参加している場合、その立場の人は、
「じゃオレはダブルスだけでいいよ」
と言って、他の皆が試合に出れるように配慮します。


それが人情というものでしょう。(笑)


しかし対戦する私たちからすれば、
そこが考えやすくなるヒントだったりするのです。


ダブルスが決まれば、そのパートナーが決まります。


そのパートナーは前半と後半どちらに出てくるのか。
残り3本のシングルスは誰がどの順番で出てくるのか。


こうやって相手のオーダーが読めてくるのです。


4人で参加しているチームはもっとシンプルです。


ダブルスに出ているエースが
シングルスの何番に出てくるかを読めばいいのです。


後は、過去の傾向から自ずと導き出せるはずです。


さて、相手のオーダーが読めました。


その次は、そのオーダーに対して
自分たちがどう組んでいくのか、ということです。


私がやっているのは、
相性の良い選手をぶつけるやり方です。


過去に負けた相手にはトラウマがあるので(笑)、
あまりぶつけるのは得策ではありません。


どうすれば有利に戦える組合せになるかを
考えるのです。まあ、最後は勘ですけど。(^^;;


勝負は前日からすでに始まっているわけですね。


こうして野村ID野球よろしく、団体戦に臨むのです。


いざ、勝負!って。 (^o^)v

関連記事

  1. エッジボール秘話

  2. ネットイン、エッジボールの心理

  3. 緒戦の戦い方について

  4. 3球目攻撃を意図的に決める方法

  5. 必勝の極、不敗の極

  6. ドライブレシーブの対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回は、「左利きの選手が覚えておくべき3つのサーブ」を、ご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、フットワークを鍛える3段階の練習法をご紹介していきたいと思います。…
  3. フォアサーブは得意だけど、バックサーブはあまり得意じゃない方必見。同じ構えから、2種類のサー…

おすすめ記事

  1. 【卓球】左利きの選手に覚えてほしい3つのサーブ
  2. 【卓球】フットワークを鍛える練習法
  3. 【卓球】バックサーブ、同じ構えから2種類出す方法
ページ上部へ戻る