詰将棋と3球目攻撃

戦術


あなたは将棋を指しますか?
(いきなり将棋の話題でスミマセン!笑)

私は中学から高校の頃、親友のYとよく将棋を指しました。

私の得意な戦法は、振り飛車戦法です。

通常、将棋盤の右側にある飛車の位置を左に振り、相手の動きに乗じて
さばく戦法です。飛車を振るので振り飛車戦法と言います。

まずは相手に攻めさせて、隙を狙って逆転する戦法なんですね。
戦い方が、なんとなくカットマンに似ています。(^^)

話が逸れました。(^^;;

将棋の力(棋力と言います)を上げるのに、
有効なのが詰将棋なのでス。

3手詰とか5手詰。

自分が、こう指す。

相手が、こう来る。(そうせざるを得ない)

そして自分が、次の一手をこう指す。

私はこの考え方が、とっても卓球に似ていると思うのでス。(^^)♪

3球目攻撃、5球目攻撃なんて、まさにぴったり来ます。

1.こういうサーブを出す。

2.相手にこういうレシーブをさせる。

3.それを自分はこう攻める。

というパターン。

大事なのは、2.の相手のレシーブです。
相手のレシーブは「かなりの高確率でこう来る」と読むことです。

そのためにも、

1.サーブを磨く。
狙った場所に狙った回転で出せるように。

2.相手のレシーブを読む。
頭を整理しておく。2~3種類のレシーブしか来ないはず。
心理状態を読み、軽くヤマを張る。

3.3球目を磨く。
強くて速い攻撃球があると、それだけ相手に脅威となる。

が必要ですね。

後は実践的に試しながら、練習を繰り返すのでス。

例えば、相手の使うラバーによってレシーブは全然違います。

1つの基準を自分の中に持てば、その基準に照らし合わせて、
どれほど差異があるのかをまず見極めます。

その差異を埋めるように自分の打ち方を微調整するのです。

このプロセスが練習そのものだと私は思います。

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

このやり方で、上級者のスキルが自然に身につく

アマチュア卓球上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、アマチュア卓球上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売している卓球・ラージボール上達DVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!